手班

対象疾患

手根管症候群、de Quervain(ドケルバン)病、ばね指(弾発指)、Heberden(ヘバーデン)結節、ガングリオン、Mallet(マレット)変形(槌指)、テニス肘(上腕骨外側上顆炎)、肘部管症候群、>舟状骨骨折、強剛母指、爪周囲炎、屈筋腱損傷、橈骨遠位端骨折、切断指再接着、母指CM関節症、Kienböck(キーンベック)病、Duputytren(デュピュイトラン)拘縮、野球肘、小児肘周辺骨折、肘内障、合指症、母指多指症、TFCC(三角線維軟骨複合体)損傷、PIP関節脱臼骨折など

整形外科

橈骨遠位端骨折

中年以降の女性が転び手を突き、骨折することが多い疾患であり、若い人でも走って転んで骨折することがあります。治療は骨折によるずれをもとの形に戻し、ギブス固定をします。

ギブス固定をしても、ずれてしまう場合にはプレート固定を施行する場合があります。

受傷時

受傷時

プレート固定時

プレート固定時

上腕骨顆上骨折

子供によく見られる骨折であり、転んで手をついた際に、腕が反って肘を骨折します。

肘の痛みや腫れがあり、痛みにて動かせないことが多いです。

治療は変形が少なければ、ギブス固定を施行し、不安定な場合は、 手術(鋼線固定など)をします。また、神経、血管を同時にいためた場合は早期に手術を施行することもあります。

受傷時
受傷時

受傷時

手術時
手術時

手術時

母指CM関節症

母指CM関節はよく動く関節のため、使い過ぎや、加齢に伴っておこります。

母指に力を必要とする動作(物を掴む、瓶の蓋を開ける)で、母指のつけねの痛みがでます。

また、進行すると母指が開きにくくなります。

治療は保存加療(投薬、固定装具、関節内注射)を行い、保存加療でも良くならない場合は手術(骨切り術等)を行います。

手術前

手術前

手術後(骨切り術)

手術後(骨切り術)

Dupuytren(デュピュイトラン)拘縮

原因は不明ですが、高齢者、糖尿病の方に多く認められます。

手のひらから指にかけて、硬結(しこり、こぶのようなもの)ができ、皮膚のひきつれが指に生じ、徐々に指を伸ばすことが困難になっていきます。環指、小指に多く見られますが、他の指や、足にもできることがあります。痛みはありません。

Dupuytren(デュピュイトラン)拘縮

治療としては指が伸ばしづらくなり日常生活に支障をきたすようになった場合に、増殖した腱膜を取る手術をします。最近では手術ではなく、薬液を注射することによって治療する方法もあります。 

Kienböck(キーンベック)病

原因は不明ですが、職業的に手を使う青壮年男性に多くみられ、手首の真ん中にある月状骨がつぶれる病気です。手を使った後に、手首の疼みや腫脹が見られます。

治療としては症状、年齢によって変わります。

安静、ギブス、装具による固定などを行い、治らないときには手術(橈骨短縮骨切り術)を行います。

手術前

手術前

術後(腸骨移植+Screw)

術後(腸骨移植+Screw)

野球肘

成長期にボ―ルを繰り返し投げることにより、肘への過剰な負荷により、肘の障害です。

ボールを投げる時やその後に肘が痛くなったり、肘の伸びや曲がりが悪くなることもあります。主に外側が痛くなることが多く、治療は投球の一時中止、装具などによる肘の固定です。また、病状によって手術(自家骨軟骨柱移植術)を施行します。

手術前
手術前

手術前

手術後(自家骨軟骨柱移植術)
手術後(自家骨軟骨柱移植術)

手術後(自家骨軟骨柱移植術)

舟状骨骨折

スポーツ、交通事故にて手首を背屈させて手をついたときに、生じることが多いとされています。

急性期には親指側の疼みがあり、急性期を過ぎると一時軽快します。しかし、骨折とは思わず、放置し、偽関節(骨がつかず、関節の様に動く状態)となり、最終的には関節変形(SNAC wrist)までいたることもあります。

受傷時

受傷時

舟状骨偽関節

舟状骨偽関節

SNAC wrist

SNAC wrist

治療としては、早期に発見されたものではギプス固定をしますが、舟状骨は血行が悪いところのため、固定が長期になります。固定をしても、偽関節になったりすることもあります。

手術加療としては、腸骨移植を施行し、ネジによる固定をすることも行われております。

舟状骨偽関節(術前)

舟状骨偽関節(術前)

手術(橈骨短縮骨切り術)

手術(橈骨短縮骨切り術)

関節リウマチによる手関節変形

手首の関節に関節リウマチによる炎症が続くと、炎症や変形した骨による摩擦が生じ、指を伸ばす腱が切れたり、手首の疼痛が生じます。切れた腱では手術療法が必要であり、また、放っておくと、他の腱も切れる可能性があります。切れた腱は縫合が難しいため、残っている腱に腱移行術や腱移植術を施行します。

また、必要に応じて、手首の関節の形成術(Sauvé-Kapandji(ソーベカパンジー)手術)、滑膜切除術なども施行します。

手術前

手術前

手術後(Sauvé-Kapandji手術)

手術後(Sauvé-Kapandji手術)

関節リウマチによる手指変形

手指の関節に関節リウマチによる炎症が続くと、関節の破壊が進行と共に、関節包や靭帯が緩み、腱の走行がずれ、関節の変形や脱臼が生じます。治療は関節リウマチの炎症を抑える薬物療法が最も重要です。

装具による、矯正保持も施行します。手術療法としては、炎症を起こしている滑膜を切除したり、関節を固定したり、人工関節に置換する方法などがあります。

初期

初期

6年後

6年後

手術後(人工関節置換)

手術後(人工関節置換)