履歴詳細(種市教授)

種市洋(たねいち ひろし)

生年月日
昭和35年6月15日生
学 歴
昭和61年3月24日
千葉大学医学部医学専門課程卒業
職 歴
平成6.4.1 ~ 平成10.3.30
北海道大学医学部付属病院整形外科助手
平成7.11.1 ~ 平成8.4.28
ドイツ・ハイデルベルグ大学整形外科留学(文部省在外研究員)
平成10.4.1 ~ 平成11.9.30
北海道大学医学部付属病院整形外科講師
平成11.10.1 ~ 平成18.7.31
労働者健康福祉機構 美唄労災病院・整形外科部長
平成18.8.1 ~ 平成24.10.31
獨協医科大学整形外科准教授
平成24.11.1 〜 平成26.3.31
獨協医科大学整形外科教授
平成26.4.1 〜
獨協医科大学整形外科主任教授
現在に至る
資格および認定医
昭和61.5.19
医師国家試験合格 医籍登録(第295651号)
平成6.2.28
日本整形外科学会専門医(第110605号)
平成15.4.5
脊椎脊髄外科指導医(第10134号)
平成16.4.1
脊椎脊髄病医(第1506号)
学 位
平成 9.9.30
論文『Risk factors and probability of vertebral body collapse in metastases of the thoracic and lumbar spine(胸椎および腰椎の転移性脊椎腫瘍における椎体圧潰発生の危険因子と予測確率)』により、北海道大学医学博士の学位を授与される。
   北海道大学:第5214号
所属学会
日本整形外科学会(代議員・社会保険委員)、日本脊椎脊髄病学会(理事・財務委員・新技術評価検証委員、国際委員、医療安全推進委員、社会保険システム委員、元プロジェクト委員・元用語委員・元診断評価等基準委員・元教育研修委員長)、日本脊椎インストゥルメンテーション学会(理事<庶務・財務委員会担当>・元財務委員長)、日本側弯症学会(業務執行幹事・国際委員・成人脊柱変形委員・社会保険委員長・元あり方委員長・第52回会長2018)、日本脊髄障害医学会(理事・保険問題等検討委員長)、日本成人脊柱変形学会(幹事・第4回会長2014)、東日本臨床整形外科学会(評議員)、日本腰痛学会(評議員)、日本乳幼児側弯症研究会(監事)、日本最小侵襲整形外科学会(世話人・第20回会長2014)、国際側弯症学会(Scoliosis Research Society: Active fellow)、北海道整形災害外科学会
社会活動等
外科系学会社会保険委員会連合・手術委員
栃木県国民健康保険診療報酬審査委員(公益代表)
栃木県特定疾患対策協議会・委員
日本整形外科学会・専門医試験委員
学術受賞
1993(平成5)年6月
第5回 大正Award(日本脊椎脊髄病学会奨励賞)
1998(平成10)年1月
8th th Hoechst Marion Roussel Academic Award(北海道整形災害外科学会)
1999(平成11)年4月
ISSLS日本支部奨励賞(国際腰椎学会)
1999(平成11)年9月
34th Russel Hibbs Award (Scoliosis Research Society)
1999(平成11)年10月
第8回日本脊椎インストゥルメンテーション研究会優秀賞
2015(平成27)年10月
John H Moe Award (Scoliosis Research Society)