関節班

獨協医科大学整形外科関節班は、手外科領域以外のすべての四肢関節の診療を担当しています。なかでも、変形性関節症に対する人工関節手術を多数手がけており、人工股関節全置換術(以下THA)、人工膝関節全置換術(TKA)に加え、人工膝単顆置換術も施行しております。人工関節手術の低侵襲化を目的に、THAではDirect Anterior Approach、TKAではMIS approachを積極的に取り入れ、筋をほとんど切らない方法で手術を行っています。これにより多くの症例が2週間以内での退院が可能となっています。骨欠損が多い症例に対しては自家骨移植のほかに、冷凍ボーンバンクを利用した同種保存骨を使用することもできます。また、肩関節疾患の手術症例が多いのも当科の特徴です。腱板断裂修復術や人工肩関節置換術も行っております。リウマチセンターとの連携では膠原病内科医とのコラボレーションにより、リウマチに対する薬物療法と手術治療が効果的に組み合わせた包括的診療を行うことができます。具体的には人工股・膝関節置換術のほか、人工肘関節置換術も行っております。
股関節疾患として股関節唇損傷に対する関節鏡下股関節唇縫合術や、変形性股関節症の臼蓋形成不全で関節軟骨が残存している場合、寛骨臼回転骨切り術をしております。
膝疾患としては前記の述べたTKAのほかに自家培養軟骨を用いた膝軟骨の治療も行っております。足部の疾患に対しても疾患の状態や要望に極力応じた整形外科治療を積極的に行っています。スポーツ班とも協力体制で診療を行っています。

整形外科

人工股関節全置換術:Total Hip Arthroplasty (THA)

変形性股関節症や関節リウマチ、大腿骨頭壊死、骨折などにより変形した関節を、金属やセラミック、ポリエチレンなどでできた人工股関節に入れ替える手術です。手術により痛みがなくなり、短縮していた下肢を1-2cm程度長くすることが可能で、歩行能力の改善が期待できます。当科では侵襲や脱臼のリスクが低い、前方アプローチ(Direct Anterior Approach)による手術を主に行っております。また、再置換術や、変形や脱臼の程度が強く骨移植が必要となる症例など、難易度が高いため、他施設から紹介いただいた方への手術も積極的に行っております。

人工股関節全置換術:Total Hip Arthroplasty (THA)
人工股関節全置換術:Total Hip Arthroplasty (THA)

人工膝関節全置換術:Total Knee Arthroplasty (TKA)

変形性膝関節症や関節リウマチによって、関節の軟骨がすり減ってくると膝関節の疼痛が出現し、関節自体の動きが悪くなり、歩行がしにくくなります。このように障害のおこった関節を金属やセラミック、ポリエチレンなどでできた人工関節で入れ替えることで、痛みがなくなり、歩行能力の改善は期待できます。当科では小侵襲アプローチ(MIS approach)による手術を主に行っております。また、再置換術症例や、関節リウマチによって変形の程度が強い症例など、難易度が高いため、他施設から紹介いただいた方への手術も積極的に行っております。

人工膝関節全置換術:Total Knee Arthroplasty (TKA)
人工膝関節全置換術:Total Knee Arthroplasty (TKA)

人工膝関節単顆置換術:Unicompartmental Knee Arthroplasty (UKA)

変形性関節症や骨壊死などで関節の一部のみ変形で、靭帯が維持されている方に適応があります。全置換術(TKA)と比較して、侵襲が少なく、術後の痛みも小さい方法です。当科でも適応がある方には積極的に施行しております。

人工膝関節単顆置換術:Unicompartmental Knee Arthroplasty (UKA)

リバース型人工肩関節全置換術:Reverse Total Shoulder Arthroplasty (RSA)

肩関節の骨や軟骨が、変形性肩関節症や関節リウマチ、外傷などの原因によって本来の機能が果たせなくなった場合、日常の動作に支障をきたすようになります。そのような時に関節を金属やセラミック、ポリエチレンなどでできた人工関節に置き換えるという方法があり、これを人工肩関節全置換術といいます。さらに肩周囲の筋(腱板)の再建が難しく、従来の人工肩関節置換術では治療が不可能な方は、2014年から日本に導入された比較的新しい方法である、リバース型人工型関節全置換術を行っております。本手術には施行資格が必要なため、施設が限定されますが、当科では資格取得医が適応のある方へ積極的に行なっております。

リバース型人工肩関節全置換術:Reverse Total Shoulder Arthroplasty (RSA)
リバース型人工肩関節全置換術:Reverse Total Shoulder Arthroplasty (RSA)

人工肘関節全置換術:Total Elbow Arthroplasty (TEA)

変形性肘関節症や関節リウマチによって、肘関節の疼痛が出現し、保存治療では治療が難しい方におこなう手術です。痛みや関節破壊で実用性を失った肘関節を、金属やセラミック、ポリエチレンなどでできた人工関節に置き換えることで、日常生活で使用できるよう再建することが可能です。

人工肘関節全置換術:Total Elbow Arthroplasty (TEA)
人工肘関節全置換術:Total Elbow Arthroplasty (TEA)

寛骨臼回転骨切り術:Rotational Acetabular Osteotomy (RAO)

発育性股関節形成不全症(先天性股関節脱臼)の後遺症などによる、臼蓋形成不全に起因する変形性股関節症におこなう手術です。臼蓋のまわりをドーム状に切り、寛骨臼を前外方に回転させて固定し、骨頭を覆うことを目的としています。高度な技術を必要としますが、関節を温存することができ、非常に有用な方法です。当科では適応を満たす方に積極的に行っております。

寛骨臼回転骨切り術:Rotational Acetabular Osteotomy (RAO)
寛骨臼回転骨切り術:Rotational Acetabular Osteotomy (RAO)